婚約破棄慰謝料アイキャッチ

浮気のお悩み解決

『婚約破棄』や『婚約者の浮気』で慰謝料は請求できる?


 

婚約を破棄されたんだけど慰謝料請求できますか?

不倫慰謝料って婚約中の浮気は当てはまりますか?

 

よく受ける質問ですが、答えはどちらもYES。慰謝料を請求することが出来ます。

  • 正当な理由のない婚約破棄
  • 婚約中の浮気

これらは共に不法行為にあたり、損害賠償責任が発生するからです。

(不法行為責任とは、民法に規定される「故意や過失によって侵害した権利・利益に対して賠償する責任」の事です。)

 

ちなみに『慰謝料』は精神的苦痛に対する損害賠償を指します。でもそれだけで賠償責任は終わりません。

結婚直前ともなれば、他にもまとまったお金が動いていたりしますよね?

婚約指輪、式場や新婚旅行の予約、結納や新調した家具、etc…。これらの費用も受けた損害として請求出来るのです。

 

この記事では慰謝料を請求できる条件や相手、その他の賠償はどこまでの範囲が含まれるのか、などを分かりやすくまとめていきます。

辛い目に遭ったならせめて慰謝料でも受け取って凹んだ気持ちの落としどころを探しませんか?

 

この記事の内容

  • 慰謝料請求をするための条件
  • 慰謝料の相場
  • 婚約していることの証明とは?
  • 上乗せして請求できる損害金
  • 自分で請求する方法・手順

 

 

慰謝料請求をするための条件

婚約破棄慰謝料・請求条件

「婚約破棄」と「浮気」は別物です。また「婚約中の浮気」もその後婚約が破棄となったかどうかによって条件が変わります。

一緒くたに扱うとややこしいので以下の3パターンに分けて整理します。

  1. 一方的に婚約を破棄された
  2. 婚約中に浮気されたが、結婚する予定
  3. 婚約中に浮気されて婚約破棄をする

※「婚約していることの証明」「慰謝料の相場」は後の項目にあります。

 

Case1. 一方的に婚約を破棄されたケース

通常、婚約は結婚の予約をした状態であるとみなされます。

正当な理由なく一方的な婚約破棄をすると、慰謝料の支払い義務が発生するのは先に言ったとおりです。加えて結婚に関わる費用の賠償責任も発生します。

条件となるポイントは2つあります。この2つを満たせば慰謝料を請求することが可能です。

  • 「正当な理由」がない
  • 婚約している事を証明できる

 

婚約を解消できる正当な理由の例

正当事由の例

  • あなたが婚約者以外と肉体関係を持った
  • 頻繁に暴力をふるっている
  • 差別的/侮辱的な言動(程度によります)
  • あなたが行方不明だった
  • あなたが精神疾患を患った
  • あなたが重度の身体障害を負った
  • あなたが性的不能者
  • あなたに資産以上の借金がある

ざっくりこんな感じです。相手側に正当な理由があれば損害賠償を請求できません。

程度うんぬんは社会常識を逸脱するとアウト。(ひどい男尊女卑や、婚約を境に所有物のような扱いをする等)

面と向かってちょっとした悪口を言ったくらいなら問題ありません。

 

婚約を解消できない不当な理由の例

不当な理由の例

  • 愛情が冷めた
  • 親や親族の反対
  • 人種差別/部落差別
  • 性格の不一致
  • 結婚への関心が無くなった

よくある理由のほとんどは正当な理由として認められませんね。

「家風に付いていけない」なども正当な理由とはなりませんが、異常な習慣を強要するものであれば理由となり得る場合があります。

 

Case2. 婚約中に浮気が発覚したが、婚約は解消しないケース

婚約中に浮気が発覚したけどそのまま結婚する場合はどうなるか?

もちろん不倫慰謝料を支払う義務は発生します。ただし請求先と事実の確認方法が問題になってきます。

このケースで確認するポイントは以下の2つです。この2つを満たせば請求可能です。

  • 婚約している事を証明できる
  • 不倫の証拠

 

不倫の証拠で有効なもの

第3者が見て不倫していると確証できるような証拠を集めます。

  • 不倫の自白の録音
  • 自白書
  • 不倫相手との肉体関係を示す物証

有効な証拠は一つあればOKです。

自白の録音/自白書は不倫相手が認めずその信憑性が疑われる可能性もあります。両者の自白の録音または自白書への署名があれば100点です。

 

不倫相手との肉体関係を示す物証とは?

【不倫の物証の例】

  • 肉体関係がはっきりと見て取れるメールやLINEのやりとり
  • 肉体関係を示す写真や動画(ホテルへの出入りなどです)
  • ラブホテルなどの領収書

これらは強い証拠と言えますが、ラブホテルの領収書は相手を特定できない点に注意。

 

不倫の証拠を集めるには?

手元に証拠が無い場合、証拠集めのプロである探偵や興信所に依頼しましょう。

相談/見積もりは無料の探偵社がほとんどですので「費用は〇〇くらいで証拠集め可能ですか?」と聞けば方法を検討してくれます。

関連記事【探偵/興信所】浮気調査の料金システム・料金プランについて解説するよ

関連記事格安で探偵に浮気調査を依頼できる!方法まとめ【完全公開】

HAL探偵社

 

慰謝料を請求する相手はどうなる?

不倫(不貞行為)による損害の賠償責任はパートナーと浮気相手の両者に等しくあります。

浮気相手にのみ請求することはもちろん可能ですが、浮気相手がパートナーの負担分(求償分)を要求すればパートナーが支払わなくてはなりません。

財布を別にする夫婦関係ならば両者から慰謝料を受け取って問題ありませんが、財布が一つなら実質減額になることもあります。

 

Case3. 婚約中に浮気が発覚し、婚約を解消するケース

不倫慰謝料と婚約破棄の慰謝料が発生し、さらに結婚に関わる費用の損害分が上乗せされるパターンです。

確認すべきポイントはCase2と同じく以下の2つです。詳細は上の項(Case2)を参照してください。

  • 婚約している事を証明できる
  • 不倫の証拠

慰謝料請求の条件は同じですが、請求先はパートナーと浮気相手の両者になりますね。

慰謝料の金額は不倫が原因で婚約破棄に至った経緯もあり、より高額になる傾向にあります。

 

慰謝料の相場

婚約破棄慰謝料・相場額

婚約破棄」「婚約中の不倫慰謝料」共に慰謝料の相場は50~200万円とされています。

ですがこれはあくまで一般的な目安です。悪質なものや諸条件が重なると更に高額になってきます。

(※結婚に関わる費用の損害分は別計算で上乗せとなり、ここには含みません。)

 

金額を決定付ける主な要素は以下になります。

  • 交際期間が長い
  • 婚約期間が長い
  • 妊娠・出産している
  • あなたの年齢が高い
  • 寿退社してしまった
  • 婚約破棄の理由が悪質
  • 婚約が広く知れ渡っている

上記以外にも悪い条件が重なれば重なるほど、慰謝料の金額はより高額になると思ってください。

 

婚約の証明とは?

婚約破棄慰謝料・婚約の証明

一口に「婚約」と言っても非常に幅が広く、プロポーズをして了承されただけでも婚約と言えますし、式場の日取りまで決まって入籍秒読みの段階でも婚約です。

第三者に対して「婚約している」と証明するにはどのようなものを用意すれば良いか?

以下が婚約の証拠となる例です。

  • 結納
  • 婚約式
  • 婚約通知状を送付した
  • 婚約証書
  • 結婚式場の予約
  • 婚約しているとはっきり分かるLINEやSNSのやり取り
  • 両家の親や親族に「結婚します」と挨拶を済ませている
  • 仲人の依頼、知人や会社への知らせなど広く周知している
  • 婚約の事実を示す録音

口約束だけでなく第三者に知らせているならまず言い逃れは出来ないでしょう。

婚約指輪の交換・新婚旅行の予約・新居の手配など単体では婚約かどうかは分からないものも、複数重なれば婚約の裏付けになり得ます。

 

『慰謝料』以外の損害金に対する請求について

 

あなたが受けた精神的苦痛に対する「慰謝料」、そして結婚費用に関わる「不利益分の損害賠償」。

この2つは本来別物ではありますが、一括して「慰謝料」として請求するケースが多いです。もちろん金額は合わせて算定します。

請求出来る条件ですが、慰謝料を請求できる条件を満たしていればこちらも問題なく請求できます。

どういった費用が損害賠償の対象となるのか、下記に例を挙げます。

  • 結婚式の費用(キャンセル料)
  • ウエディングドレスの費用
  • 披露宴の費用(キャンセル料)
  • 新婚旅行の費用(キャンセル料)
  • 家具の購入費
  • 同居予定で借りた賃貸住宅の費用
  • 婚約指輪の費用
  • 結納金
  • 仲人への謝礼
  • 結婚を理由に退職した場合の遺失利益

結婚の準備にたくさんの費用が掛かる都合上、婚約破棄による金銭的な不利益も大きくなりがちです。

慰謝料よりも財産上の損害賠償の方が高額になることも珍しくありません。

注意点としては、特に物品の購入費において100%の金額が認められた例は少ないです。

家具や衣類は消滅しないという理由で、購入額-売却額の「売却損」を認めた例が多くあります。

請求を起こす前に大体いくらになるのか計算してみてください。

 

慰謝料及び損害賠償を請求する方法

婚約破棄慰謝料・請求方法

  1. 弁護士に依頼する
  2. 自力で請求する
  3. 自力で請求し、無理そうなら弁護士に依頼する

請求の手順に決まったルールや特別な段取りはありません。基本的にはこれだけの慰謝料をください、と伝えるだけです。

 

①弁護士に依頼する

確実で手間が少ないのが利点です。お金よりも顔を合わせない方を優先する場合にも。

ただ、かなりの出費を覚悟する必要があります。特に訴訟にまで発展すると100万越えもザラにあります。

妥当な額や少額でそこまでの争いになることは稀ですが、感情のままに法外な請求を送り付けたりすると争いが拡大しやすいので注意。

 

②自力で請求する

難しそうに見えますが、意外にそこまで難しくありません。

法的な知識や段取りを把握している弁護士の方が有利に話を進められるのは実際その通りなんですが、高額な費用が難点です。

特に婚約の場合は家と家との話し合いになるケースが多く、破棄の原因となった側の親も責任を強く感じており、出来れば穏便に済ませたいと考えているでしょう。

  • 法外な請求をしない
  • 屈辱的な要求をしない(土下座など)
  • 感情的にならない

このあたりに気を付けて話を進めればスムーズに終わらせることも可能です。

ただし相手次第でどうにもならない人もいますので、その場合はプロに頼ると良いでしょう。

 

【不倫相手にのみ慰謝料を自力請求する場合】

少し難易度が上がります。確かな証拠と計画性を持って話し合いに臨みましょう。

詳しくは関連記事で。既婚者を想定した記事ではありますが、請求の段取りと手順は同じです。

関連記事浮気相手に平和的な復讐を!上手に慰謝料を請求する手順を教えます【浮気のお悩み解決】

 

③自力で請求し、無理そうなら弁護士に依頼する

自力で請求するところまでやってみて、これは難しいなと感じたら他の方法に切り換えます。

初めから話を聞くつもりが無かったり絶対にお金を払うつもりが無いというスタンスの相手には別の対処法が必要です。

  • 内容証明郵便を送る
  • 弁護士に交渉してもらう

大抵の人なら内容証明を送ると対応が変わります。事態を真剣に捉えて示談の方法を考えてくれるでしょう。

妥当な額を請求し、両者に掛かる訴訟の費用などを説明すれば折り合いをつけやすいです。

しかしそれすらも無視するようなら、弁護士に代わって交渉してもらいましょう。

条件さえ整っているならあなたが泣き寝入りする必要性は全くありません。

 

雑感

 

『婚約』は届け出こそ出していませんが法律上でちゃんと認められた予約契約です。

両者には婚約者としての義務が課せられ、それを怠ったり故意に破る者には賠償責任が生まれます。

結婚に向けて生活環境を変え、お世話になった人たちに挨拶を済ませた人にとって『婚約破棄』は失意のどん底に落とされるような行為でしょう。

恋愛の一環でもあり人生の折り返し地点でもある結婚ゆえに、その喪失感は他で埋め合わせることが難しいものではあります。

しかし『婚約』は何度でも出来ます。離婚したのちに再婚して幸せな生活を送っている人もたくさんいます。

恥ずかしながら私も再婚組のひとりですが、私も連れ子も今の生活に満足して楽しくやれています。

激しく落ち込み自暴自棄になった時期もありましたが、きっかけひとつで驚くほどあっさり立ち直ることが出来ました。

「お金」の持つ力はバカになりません。気持ちを切り替える方法のひとつとして確かな働きをしてくれます。

貯金して少しほっとするも良し、趣味で豪勢に使って楽しい時間を作るも良し。

まとまったお金を手にしたなら、何か自分に合った使い道を考えてみませんか?

気持ちを切り替え、いつもの自分を取り戻すことが出来れば自然に良縁が寄ってくるのではないでしょうか。

 

 

以上になります。

よろしければブックマークやtwitterのフォローをお願いします!

 

-浮気のお悩み解決
-, , , ,

Copyright© 浮気じ~めん , 2020 All Rights Reserved.